Learning Journey✴︎

中学受験7年計画✴︎娘との学びの記録 

5歳の春休みにやったこと(春から年長さん)

 

遅くなりましたが

この春に取り組んだことをまとめておきます。

 

今回はZ会のグレードアップドリルを中心に進めました。

私自身が高校3年生の時に

予備校に行かずにZ会の通信教育で

大学受験を乗り切ったので

Z会贔屓なのですが(笑)

このグレードアップドリルも

よく考えられているな〜と感心しました。

 

 

Z会 グレードアップドリル まなべる くうかん・こうさく 5-6歳

 

 

 

 

 

娘は工作好きなので

大ハマりでした。

保護者向けのコメントや

出題のねらいなど詳しく書いてあって親切。

このドリルで6角形の形を覚えました。

少しずつ色々アイテムを作っていって

最後はおまつり!となるのが面白い。

親も一緒についてやらないと

1人では難しいところもありました。

 

 

Z会グレードアップドリル ろんり・かたち 5-6歳 [ Z会編集部 ]

 

 

 

 

規則性についての理解が

できていたことが分かって良かったです。

 

 

 

さわって学べる算数図鑑 [ 山田美愛 ]

 

 

 

 

実際に立体を色々と作れたり

分数の概念が見て分かりやすい。

1/2、1/3の概念を覚えたので

よくヨーグルトを「ママに1/3ちょうだい」

とか言って分けてもらっています(笑)

 

 

 

 

算数たんけんシリーズ

 

2けたのたしざんひきざん (算数たんけん) [ まついのりこ ]

 

 

↑これは3巻ですが

1、2巻をやりました。

手に入りづらいみたいですが

図書館なら確実にあるのではないかと。

 

まついのりこさんの可愛い絵が

娘は大好きで❤︎

最初に見たのは

赤ちゃんの頃のカタカナの本。

古本でGETしましたがおそらく絶版なのかな。

 

 

 

 

 

私も小さい頃、漢字の本で

まついさんの絵をよく見ていたことを

思い出しました。

改訂されているけどたぶんこのシリーズ。

 

 

 

 

算数たんけんシリーズは

数の概念をタイルにしてやる足し算、引き算です。

工作好きの娘は早速タイル棒をつくり

タイルも一緒に黄色い紙で作って

大ハマりでした(*´꒳`*)

タイル棒で「タイルになれ〜♩」と魔法をかけたり

5個でひとつのかたまりに変身したり

かたまり2つでノッポ(=10)になったり

子どもが楽しく進められる工夫と可愛さがあります。

親向けのコメントも助かります。

作者の方はまついのりこさんの旦那さまで

算数教育の研究を長年されてきた方です。

 

 

この本のおかげで指を使わずに

くりあがりの足し算をほぼ理解できました。

くりあがるという概念が

隣の部屋へお引越しということで

とても分かりやすいです。

 

 

最初は図書館で借りたのですが

この本は自分で色もぬれるようになっているので

2巻、5巻(かけ算)は中古で探して購入。

3、4巻もそのうち買おうと思います。

 

 

あとは本人がやりたい!と言うので

英語ワークを1冊。

あとは可愛いすみっコ単語カード。

 

 

すみっコぐらし 小学英単語カード (キラピチスタディ) [ サンエックス ]

 

 

 

アルファベットはだいたい書けますが

小文字もけっこう上手く書けるようになりました。

(読むことはできる)

まあ春休みの最初の方しかやってませんでしたが。。

こういうのもタイミングなので

また「やりたい波がきた時にやる」で全然OK。

 

いくつか身近な単語は分かりますが

スペルは覚えていません。

まだこの年齢なら覚える必要もないと思います。

 

 

「sun」と言う単語を見て、音を聞いて

「太陽!」と分かる。

でも綴りは書けない、そのくらいです。

気になった単語を好きに書いているくらいで

ゆるい学習です。

 

あと小さい時から見ているこのDVDが

今でも大好きで、たまに見てました。

 

 

幼児英語 DVD Goomies English for Kids グーミーズ 【送料無料】 英語教材 子供英語 子供 幼児 英語 アニメ 発音 歌 学習 知育 教材 おもちゃ 男の子 女の子 1歳 1歳半 2歳 2歳半 3歳 4歳 5歳 6歳 小学生 グミ かわいい 恐竜

 

 

 

 

アニメ、歌、単語とテンポよく進むので

大人も見ていて楽しいです。

 

 

英語を教えていたと言うと

「じゃあ自分の子どもにも教えてるんですね!」

とよく言われますが

私は受験指導=読む書くがメイン

文法の習得などを段階を踏んで進めて

長文を読めるようになることが目標の指導で

EC◯みたいな感じの指導はしてきていないので(笑)

低学年の子どもの英語指導は

できないわけではありませんが

スタイルが全く違うので

そこまでのやる気はないんですよね。。(^^;

もう少し年齢が上がった方が教えやすいかなと。

 

 

日常的にふつうに

娘のそばに英語はあったとは思いますが

(英語の本や、私が毎日英語で

YouTube等何か聞いているので音には触れている)

バイリンガルにしようなんて思っていませんし、

むしろ日本語の力を

しっかりつけて欲しいと思っています。

長期的に見て、「長い文章を読む力」

日本語でしっかりつける方が

後の英語勉強にも役立つと思っています。

 

 

グローバルに活躍して欲しいから

英語を身につけさせたい、

そう考える方もいるのだと思いますが

私は本人が必要だと感じてやるのが1番だと思っています。

 

(そもそもグローバルに活躍することが

子どもにとって本当に喜びとなるのか、

本人にとって必要なことなのか

親には分かりません)

 

 

ぶっちゃけ、翻訳機もすごく進んで

いいの出てくるでしょうし

通訳のプロにお任せしてもいいわけですから。

ただ世界の情報は圧倒的に英語で書かれているものが多いので

(日本語に訳されて読めるものは本当にわずか)

最新の情報に触れたい場合は

やはり英語はできた方が便利でしょうね。

研究者になりたいような場合は必要ですね。

 

 

私自身、英語は中学生になってから始めて

読む・聞くには問題ないレベルにまでなれたので

遅いことが不利とは感じません。

英語の音に関しては

子どものうちに聞いておく方が

もちろんいいのでしょうが、

「日本語・英語拘らずに、

日常的にあるのがふつう」という環境

作ってあげるだけで今はいいかなと思っています。

道を歩いている時に

英語での道案内を教えたり

本人が気になった単語を

教えてあげたりしているくらいですね。

 

 

「子どもがやりたいことに

英語が関わってくる、

英語ができた方が便利だし

世界も広がる」となれば

楽しく一緒にやりたいと思います。

 

 

f:id:staysimple:20200308215947j:plain



さて、色々とワークなどやりましたが

娘は「できたよシール」を貼りたい、

褒められたいがモチベーションで

やっているなと感じます。笑

 

楽しいからできるというより

「できるから、褒められるから楽しい」

(これは大人も同じです)

 なのでワークのレベルを

本人の力の少し上くらいに設定してあげることが

とても大事になってきます。

 

 

例えばこのワークは

後半は大きい数の足し算の概念等出てくるので

まだ難しいところが多く、

途中でとまっています。笑

実際のお金を使って練習中。

 

Z会グレードアップドリル まなべる おかねとしゃかい 5-7歳 [ Z会編集部 ]

 

 

 

 

あまりにできない問題が多いと

やる気がなくなってしまうし、

簡単なものばかりだと力がつかない。

 

そして本人が楽しく進めている時に

「今日はここまで〜♪」

と、もっとやりたい手前で終わらせて

ワクワク感を保つ、など上手く調整します。

 

 

ワーク以外だと色々と本を読んだり、

「自分で物語を作ってみる」

ということにチャレンジしたり

(すみっコぐらしの映画の話を作っていた)

家族で絵を描いてしりとりをしたり、

サイエンス俱楽部の「おうちサイエンス」を頼んで

「光」と「磁石」について実験したりと

色々とやりました。

 

サイエンス倶楽部|理科実験教室のパイオニア

 

 

後はほぼ毎日のピアノ。

左手の和音での伴奏が上手くなりました。

右手だけですが

「君をのせて」を弾けるようになりました。

♪あのち〜へいせ〜ん〜♪

 

幼稚園が始まったので

今はしばし休憩中です〜(´∀`)

娘は工作ドリル系が一番好きなので

次はこれにしようかなと。笑

 

 

 

 

 

後はせっかく覚えている都道府県の形を

忘れないようにこちらを。

STAY HOMEな今はこうして

おうちで遊べるもの、いいですよね。

 

 

るるぶ 都道府県いちばんかるた ([かるた] こども絵本)