Learning Journey✴︎

中学受験7年計画✴︎娘との学びの記録 

生活リズムを安定させる

 

 

 

2歳半前くらいだと思いますが、

お昼寝をすると

夜の寝つきがとても悪くなるようになり、

寝かしつけが1時間近くかかったり

ストレスを感じるようになりました。

娘の体力がついてきたんですね。

 

というわけで早々にお昼寝をなくすことにしました。

私もこの時間に一緒に少し休んだりと

休憩時間にしていたので

なくなるのは身体的にもキツかったのですが

結果やって良かったです!

 

お昼寝をしないと

だいたい16時頃に

眠気がきてしまう感じでしたが、

そしたら即お風呂!(笑)で

一旦目を覚まさせて

すぐごはんに。

ごはんを食べながら寝落ち、

ということも何度かありました( ´∀`)

子どもあるあるですね。

 

f:id:staysimple:20210310094839j:plain

 

 

これを続けているうちに

お昼寝ナシでも大丈夫になり

13〜14時間起き続けて夜20時にはパタッと眠る、

このサイクルになってから

私も夜のひとり時間をゆっくりとれるようになり

とても楽になりました。

この夜パタッと寝てしまうこともあって

寝かしつけの絵本は

いらなかったのかもしれませんね。

 

 

日中も買い物がてらよく歩かせていました。

体もある程度疲れないと

寝つきが悪いんですよね。

 

 

子どもの生活リズムを作るためには

つまり私(ママ)の生活リズムを整える必要がある

ということなんですネ。

 

 

産後1年くらいは睡眠サイクルもめちゃくちゃでしたが

夜しっかり寝てくれるようになってからは

私も子どもと同じように

早起きして(なるべく)早寝して

規則正しい生活をする。

そうすると当たり前だけどこちらの体調もいい。

年々、リズムを崩すと

元に戻すまで時間がかかるようになっているので(笑)

睡眠をしっかり取ることを意識するようになりました。

 

日中に自分の時間がほとんど取れないので

夜は色々やりたくなっちゃうんですが

そこを少し抑えて、リズムを守る。

 

3歳までにこのリズムができたことは

幼稚園に通う上でもとても良かったです。

 

本人も体調を崩すことが少なかったですし、

とても健康的に、体力もついたと思います。

保育園だとお昼寝付でリズムが整いますから、

それもいいですよね。

 

これが後々、

「いつもこう過ごしているけど、

今度からこの時間は○○してみようか」

勉強時間のリズムを作ることにも繋がっていきます。