Learning Journey✴︎

中学受験7年計画✴︎娘との学びの記録 

子どもの機嫌を取りすぎない

 

 

娘の赤ちゃんの頃を振り返るに…

 

本当にいい子でした!!(笑)

親バカですねえ。(´∀`*)

 

よく寝てくれたし

(ほぼ粉ミルクだったおかげもあるかも)、

夜泣きもなく

外でふんぞり返って動かなくなる(笑)とかもなく

大きな病気もなく(肺炎になったことが1回)

歩くのが大好きでベビーカーはあまり使わず

途中で「だっこ〜」とかもなく

黙々と歩いてくれました。笑

一緒に生活がしやすかった、という印象です。

 

 

 

以下は2歳頃に書いた文章です。

 

 

 

・よく笑う

・ゴミを拾うのが好きなキレイ好き&片付け好き

・なんでもよく食べてよく眠る

・私が朝ベッドでグダグダしていても付き合ってくれる

・歩くのが大好きで階段もほとんど登ったり降りたりできる

・私の言うことはほとんど分かっているが、まだちゃんとした言葉はでない

・電車などの乗り物に最近は興味津々

・絵本はももんちゃんシリーズが好き

・天気予報は必ず見る

・まだ粉ミルクラブ

・部屋ではたいていペンを持ち歩いている

・フタやドアをきちっと合わせるのが好き

・お風呂や水遊びが好き

・できたことに自分で拍手をして、周りも拍手しているかチェックしてくる(笑)

・自分でやろうとすることが増えてきている

タブレットiPhoneでのみてねアプリの使い方は完璧にマスター

 

 

 

ハイハイも歩きだすのも遅かったので、

やはり言葉も遅いです。

でもこちらのいうことはほとんど分かっているので、

日常の動作の指示

(立ってとか足あげてとか、戻してきて、置いておいてなど)

は全てできます。

好きなことへの集中力もある方かなと思います。

 

 

意図的に育児本などを極力読まないようにしているので

(いつまでに〇〇ができるように!

みたいな思いこみをいれないために)、

娘のヤル気があることはやるけれど、

やりたくなさそうなことや

勧めてみても興味がまだでてきてないことはやりません。

娘のペースだけを見ています。

 

 

興味がでてきたものはそれが深まるように本を用意したりはしますが、

とにかく「無理やりやらせない」ことだけ気をつけている感じです。

無理やりやらせればイヤになっちゃうし、

イヤになれば身につかない。

 

 

どうしてもやらないといけないこと、

例えば歯磨きなどはあまり好きじゃないと思いますが、

痛くないようにやり方を変えたり

途中で笑わせて口を開けてもらったり、

こちらの工夫を考えるようにしています。

 


あとは私の心。

私のエナジーがダイレクトに伝わり、

反映するので、とにかく私の心をクリアに明るくしておくこと、

余裕をもてるようにしておくことが1番大切かなと思います☺︎

何か起きた時に、叱るのではなく笑いが先にでちゃうような心。

(もちろん場合によっては強く「ダメ!」と静止することもありますし、

「危ないからやめようね」などの細かい注意はよくします)

 

 
基本的に穏やかでマイペース、

ご機嫌な時間がほとんどですが、

機嫌を損ねる時、イヤイヤする時ももちろんあります。

〇〇しよう?と誘ってもイヤ、と寝っ転がってしまったり。

泣き出すことはまれです。

そんな時、私は基本的にご機嫌を取りません。(笑)

そっかあ、イヤかぁ〜、そんな時もあるよね、と同意して

無理強いはせず、ほっておく。(´ω`)

機嫌を悪くすればかまってもらえる、

要求が通ると教えたくないので。

彼女が自分で機嫌を戻すのを見守ります。

こりゃマズいなという場合は抱っこする時もありますが、

基本的な方針はコレです。

なんであれ、私が娘を自分の思い通りにしようとすることは

自分のストレスになるので、

無理強いをしないのは自分のためでもあります。 

 

 

 

そして彼女が自分の機嫌を自分で戻せる、

というのは大人でも本当に大変な(笑)

すごいことだと思うので、できたら忘れずに褒めます♡

子どもはあっという間に気分がコロコロ変わりますから、

イヤイヤのいちいちに大きく反応しないことも大切だと思います。

 

 

そしてとにかく褒める、褒める、褒める!

かけている言葉のほとんどは

できたことを褒めているか、

ありがとうとお礼を言っているか、

〇〇だねと言葉を教えたり状況を説明しているか、

「可愛いね〜いいこだね〜♥︎」しか言ってないと思います(笑)

だからか娘は自分ができたことを

いつも嬉しそうに拍手しています。

自己満足感、大事。

 

寝る前にもベッドの中で1日を振り返って

できたことを褒めてから、元気でありがとう、

そばにいてくれてありがとう、大好きだよと

感謝と愛の気持ちを伝えてからお休みタイム。

娘はゴロゴロしながら静かに聞いていますが、

それを楽しみにしている感じがエナジーで伝わります(笑)

 

子どもは、自分の先生である。

自分の心の限界、心の狭さ(笑)を見せてくれるのです。

 

 

子どもは、どんな親でもそれを受け入れてくれています。

子どもにとって、あなたの短所がどうだとか

抱えている不安などは一切関係ない。

そばにいて、優しく抱きしめてくれること、

受けとめてもらえること、

愛のあるコミュニケーション、

それだけを願っているのです。

それをできる限り叶えてあげたいと思います。

 

どんな時もどんな自分でも愛されているという実感。

それがあれば自分とも周りとも良い関係を築けるだろうと、

私の経験から感じるので、

それをしっかり伝えられたらと思っています(ᵔᴥᵔ)

 

 

 

 

この文章でも書いている通り、

私は意図的にいわゆる育児書をほとんど読まずに

(いろんなパターンを知ることができるので

育児の絵日記ブログはたくさん読んでいました)

娘のペースだけを見ていました。

これはとても良かったと思います。

 

まず「周りと比較しない」ということを

自分自身に対してできていないと、

周りの子どもの成長と自分の子を比べてヘンに焦ったりと

子どもへの目線にも比較癖が入ってしまうので、

自分自身の心のケアも大切になってきます。

 

この記事にも詳しく書きました↓

www.staysimple.jp

 

 

そして

「ここまではいいけど、これ以上はダメ」というラインを

しっかり見せてきたこと、

機嫌を取りすぎないこと、

(時間を守らせることを妥協しない、お菓子で釣らない等)

ここはその後の生活をしていく上で

本当に意識して良かったと感じています。

 

 

 

f:id:staysimple:20210226103233j:plain

 

 

「機嫌を悪くしても自分が楽しくなくなるだけ」

ということを娘はしっかり学んでくれたと思います。

現在も毎日本当に楽しそうです(笑)

注意レベルで全てなんとかなるので

ほとんど叱ることがありません。

これは私と夫(パパ)とのバランスのおかげもあります。

兄弟がいないということも大きいですね。

(これは私の意図的な選択です)

家族間のバランスについてはまた別記事で書きますね。

 

 

 

よく読んでいた絵日記ブロガーさんの本などを

あげておきます(^ ^)

 

 

ギブミー睡眠 リトルモンスター・ひなとの日々 [ くりこ ]

 

 

 

うちのこざんまい 子育てのヤマ場をのりこえる!【電子書籍】[ 内野 こめこ ]

 

 

うちのこざんまい コウくん、お兄ちゃんになる! [ 内野 こめこ ]

 

 

 

うちのこざんまい 2人育児の波に乗れ! [ 内野 こめこ ]

 

 

ぷりっつ電子文庫 うちの3姉妹(1)【電子書籍】[ 松本 ぷりっつ ]

 

 

 

おかあさん、お空のセカイのはなしをしてあげる! [ 竹内文香 ]

 

 

 ↑これは最近娘も一緒に読んでお気に入りの一冊です。笑